毛深い中学生の悩みを解決する方法

2016-06-14_141529

毛深いことがコンプレックスになって、いろんなことに対して積極的になれなくなる。

そんな人も多いものですが、それが大人ではなく、まだ子供のうちだったらなおさらではないでしょうか?

中学生くらいから体が急成長して、大人になっていく過程で体毛が濃くなるというケースは珍しいものではありません。それまでは産毛だったものが、成長ホルモンの影響で毛が太く濃くなっていくのです。

このことを恥ずかしく思っている中学生くらいの年齢の女の子は少なくないようです。男の子の場合も毛深くなることを恥ずかしがる子はいますが、女の子の悩みのほどが大きくなるのは当然のこと。

最近では女子中学生でも友達同士でスキンケアのことを話したりして、情報の共有をしてはいますが、やはり大人に比べれば情報量も少なく、適切なムダ毛処理の方法を知ることができない子もいるはずです。

私も、自分が周りの女の子達よりも毛深いんだと気づいたのは、中学生時代でした。腕や足の毛深いのが特に気になっていて、でも恥ずかしいから誰にも相談できない・・・という状況だったのを覚えています。

大人になってからは脱毛の知識も豊富になって、働いて自由になるお金もできたこともあり、脱毛サロンを利用してムダ毛の悩みを解決できるようになりましたが、それまでは毛深いことがずっと悩みの種だったのです。

 

子供の肌が傷つくことのないように

私も経験がありますが、中学生くらいの年頃の女の子だと、一番身近で誰かに知られる心配の少ない、安全カミソリを使った脱毛をしていることが多いのかもしれません。

ですがこの方法は、お金がかからないということ以外は、デメリットばかりの処理方法だと言えます。特に体が成長過程にある女の子にとっては、肌へのダメージが少なくなく、新たなトラブルが起こる危険性がある方法になります。

カミソリの刃で皮膚を傷つけてしまうことで、肌に炎症や化膿が起きたり、自己処理を繰り返すことで肌が黒ずんでくることもあり得ます。大人の体になり皮膚が丈夫になってからでも、同じようなリスクのある脱毛方法ですから、なおさら成長期の子供にはおすすめできません。

ムダ毛処理するにしても、もっと肌に優しいやり方で、あとあとの後悔がない方法を選択して欲しいと思います。

おすすめは「脱毛ジェル」を使うことです。
塗るタイプのものとしては除毛クリームのほうが一般的ですが、脱毛ジェルのほうが肌へのダメージが少ないので、トラブルになってしまう危険性が低いと言えます。

特に私の愛用している【コントロールジェルME】なら、天然植物成分が主原料になっているため、どんな肌質の人でも安心して使うことができます。それこそ、もっと幼い小学生に使っても問題のない商品になっています。

2016-06-14_141657

コントロールジェルMEは、塗った部分の毛が一気になくなるというタイプの商品ではありません。何回も使っていくうちに、体毛がだんだんと目立たなくなっていく、という効果を実感できる脱毛ジェルになっています。

ムダ毛がなくなるまでに時間がかかるというデメリットはあるものの、子供から大人まで安全に使えるというメリットには代え難いと感じています。

この記事を読んでいるのは思春期の子供を持つ親御さんなのかもしれません。体を傷つけずに済む脱毛の方法を提案してあげることで、お子さんの悩みも少し楽になるかもしれませんね。